保育士転職の際の面接で「趣味・特技」の答え方のポイントを解説

転職をお考えの保育士の皆さんこんにちは!保育士転職魍魎激戦マーケットです。
皆さん、保育士の転職活動の方はいかがでしょうか?

今回は保育士転職の際にちょっと困ってしまう履歴書の作成。
その中でも”特技”ってなにを書いていいか迷ってしまいませんか?
今回は保育士転職の履歴書欄の中で地味に迷う、「保育士の特技」についてご紹介しようと思います(^o^)

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!
これから保育士転職を控えているという方は参考にしてみてくださいね。

まずは趣味・特技を書く量について|保育士の転職【履歴書】

保育士転職の面接での趣味特技

趣味や特技を書く上で気をつけたいのが「書く量」です。
趣味や特技が多いことは良いことですが、あまり多いとかえってその人の印象がぼやけてしまいます。また「趣味に生きる人」というのは、一般的に採用時には好印象を持たれません。
趣味や特技を書くときは「広く浅く」ではなく、少数のものを深く書くことを意識しましょう。
(引用:保育士・幼稚園教諭の履歴書の書き方「趣味・特技」

自分の特技って何?保育士に関連する特技じゃないと駄目だよね?|保育士の転職【履歴書】

保育士転職の面接での趣味特技とは

それではまずは保育士転職での履歴書欄の”特技”欄について!
自分でこれが得意!というのは少し恥ずかしいですよね。ですがここは人生をかけた転職の機会なので、どんどん自分をアピールしていってもらいたいところです。
なので自信を持って特技をアピールしちゃいましょう!

恥ずかしがったり遠慮する場面ではありませんので、自分をアピールするポイントとして活用しましょう!

まず自分の特技ってなんだとろう?と考えたときに、気をつけることはこちら!

自己PRや特技については、できるだけ保育の仕事と絡めておくことをおすすめします。例えば保育園でよく行う歌やピアノ、ダンスなどは、特技として記載すると高く評価されることがあります。さらにスポーツ関係に自信がある方は、面接時にしっかりとアピールするといいでしょう。
(引用:保育士の転職では履歴書の書き方に注意してください)16位

出来たら保育絡みの特技をアピールしてくださいね!

特技はありませんは絶対にNG!その理由は?|保育士の転職【履歴書】

履歴書は採用担当者にとって大きな判断材料になります。
特に特技欄は、応募者の人格を見る一つの判断材料です。
保育士は子どもの良いところを見つけて伸ばすのが仕事ですよね。
特技欄が空欄だと、「自分の特技すら見つけられないのに大丈夫かな…」と思われてしまうことだって十分に考えられます。
どうしても特技が思いつかない場合は「得意なスポーツ」「家庭料理」などを書くのが良いでしょう。
特にスポーツなら、「この人は体を動かすことが好きなんだな」という印象が持てます。
また、「料理」と書くより「家庭料理」の方がハードルは下がりますので普段、料理をされる方は是非書いてみましょう。

(引用:【保育士の履歴書】差が付く「特技」の書き方って?

履歴書で使える特技の例文|保育士の転職【履歴書】

保育士転職の面接での趣味特技の答え方

特技はピアノです。5歳から続けており、ジャンルを問わず弾くことができます。
(引用:【保育士の就職&転職】差がつく「履歴書」の書き方!新卒・中途採用の場合

特技はダンスです。幼少時よりバレエを習っており、中学生の頃は県のコンクールで入賞しました。バレエに限らず、ジャズダンスやヒップホップなどダンス全般を一通り経験してきたので、身体の動かし方をわかりやすく子どもに教えるのは得意です
(引用:保育士の履歴書の書き方

特技は陸上です。高校時代に陸上部で県大会出場しました
(引用:保育士の履歴書・封筒・職務経歴書の書き方の極意を伝授!転職もバッチリOK!

事務職の経験があるため、パソコンの操作に長けております。保育士の業務は手書きの文書が多いですが、契約書類や保護者への通知文書などパソコンで書類を作成する場合には私の力を発揮できると思います。
(引用:【保存版】保育士の履歴書パーフェクトマニュアル~完璧な履歴書で転職成功~

リトミック講習会参加 … 子どもへの指導方法を学びました。
(引用:保育士の職務経歴書~採用に近づくアピール上手な書き方

私は、ポップデザイナーの資格を持っています。
この資格取得の勉強で、デザインに関する知識やスキルを学びました。
レイアウトや配色など、状況にあったデザインができます。

(引用:保育士の職務経歴書。職務経歴書って何?と思う人へ①

私は学生の頃、ギターを習っていました。
今までもボランティアなどで子どもたちの後ろで演奏したり、一緒に歌う機会がいくつかあり、そこで子どもたちが笑顔いっぱいで歌っている様子や、色んな性格の子どもたちと一緒に何かをやる楽しさを感じました。
(引用:保育士の自己PRの書き方

趣味欄はなんて書けばいいの?|保育士の転職【履歴書】

まず趣味とは自分が好んでやっていることを指すので、志望者が愛着を持っている対象について保育園側は評価するでしょう。
好きな事柄についての愛情など、誠実さを強調するチャンスでもあります。
(引用:【履歴書】保育士転職の『特技・趣味』の正しい書き方と4つの具体例

とにかく趣味は自身の人間性をアピールするチャンス!
保育士としてだけではなく、人間的に自分に興味を持ってもらうことも大事ですよね。

また、
志望動機などと同じように、履歴書に記載した趣味や特技については、面接官からその話題をされたときに、ちゃんと受け答えできるようにあらかじめ準備しておくようにしましょう。
受け答えの準備としては、次の3つをしっかりと話せるようにしておきます。
1. いつからその趣味や特技をやっているのか
2. その趣味や特技のどのようなところが好きなのか
3. 保育園に入ってからその趣味や特技をどのように活かしていきたいか
(引用;保育士の履歴書の「趣味」と「特技」の書き方がわからない

趣味の例文|保育士の転職【履歴書】

保育士転職の面接での趣味特技の模範回答

料理(週末は必ず料理をしています。特にイタリアンをよく作ります。)
(引用:保育士必見!履歴書の書き方の4つのルール

料理が得意で、中でもカップケーキお菓子作りが好きです。以前の園ではクッキングを担当し、子どもとスイートポテトを作りました。
(引用:人事の心をつかむ!保育士の「特技/趣味」の例文&書き方

ボランティア活動
(引用:保育士さんの職務経歴書の作り方~人事に”会いたい”と思わせるコツ~

映画鑑賞が趣味で、ミュージカル作品をよく見ます。
(引用:保育士の履歴書|転職活動の前に正しい書き方を知りましょう

趣味は、中学時代から続けているバレーボールです。
(引用:書く前に見ておこう!履歴書作成、6つの心構え

履歴書作成の際に使える保育士の趣味・特技の例文をご紹介しました!|保育士の転職【履歴書】

保育士転職の面接での趣味特技に関して

皆さんいかがでしたでしょうか?
今回は保育士が転職する際に必要な履歴書の特技・趣味欄について例文を交えながらご案内してみました!

「趣味は一般的に無難そうな読書や映画鑑賞でいいや」となってしまう気持ちもわかりますが、ここは自分が本当に好きで取り組んでいる趣味や、いち保育士ではなくあなた自身に興味を持ってもらえるような趣味を選択してみることをおすすめします!
ぜひ面接でアピールやあなたに興味関心を持ってもらえるような趣味や特技をセレクトしてみてくださいね。

以下のリンクは趣味・特技に関して、また保育士転職の面接時に役立つリンク集を掲載しています。
ぜひ時間があれば合わせて読んでみてくださいね。

それでは♪

保育士のための履歴書「趣味・特技」の書き方
保育士さんの履歴書 ー完全マニュアルー
【見本あり】 保育士さんの履歴書&志望動機の書き方~転職・中途採用向け~
保育士の就職・転職活動で役立つ!効果的な「履歴書の書き方」をご紹介!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です