保育士転職で必須な履歴書の書き方を項目別に詳しく解説!

保育士転職をお考えの皆さんこんにちは!
保育士転職魍魎激戦マーケットです。

皆さん、保育士転職をお考えの際に”厄介だな〜””めんどくさいな〜”って思うことはなんですか?
私は保育士として働いていたときに保育士転職をする際に思っていたのは、「履歴書書くの嫌だ!」でした。

履歴書ってしょっちゅう書くものじゃないし、いざ転職しよう!と思ったときにはもうすでにどうやって書けばいいのか忘れてるんですよね。
長ければ何十年もその会社や保育施設で働く方もいらっしゃるわけですから、覚えてないのも当然だと思います!(笑)

なので今回は私自身も含めて、皆さんが保育士転職で履歴書を作成する際に参考になるような記事をまとめていこうと思います!
ぜひこれから転職しよう!とお考えの方は参考にしてくださいね。

履歴書・職務経歴書は手書き?パソコン?|保育士転職・履歴書

転職する際に履歴書や職務経歴書を、手書きで作るかパソコンで作るかで悩む人は多いのではないでしょうか。
ですが、それぞれに一長一短があり「どちらがいいか」を判断するのは採用担当者によるため「どちらが正しい」という正解はありません。
履歴書を提出する園や施設からの指示がなければ、それぞれのメリット・デメリットから総合的に判断して作成しましょう。
どうしてもどちらで作成すべきか悩む場合は、採用担当者に直接問い合わせるてみるのもひとつの手です。

手書きのメリット
・本人の誠意や熱意が伝わりやすい
・パソコン作成に比べ、あたたかさがある
・字が上手であればアピールポイントになる

デメリット
・作成に時間を要する
・字が汚い場合はマイナスな印象を与えることもある

パソコンのメリット
・作成時間を短縮できる
・修正が簡単
・パソコンスキルのアピールになることも

デメリット
・「履歴書は手書きが常識」と考える採用担当者も一定数いる
・淡々とした印象を与えてしまうこともある
(引用:【サンプルあり】保育士の履歴書&職務経歴書の書き方

ちなみに、やはり保育士業界は未だに手書きの履歴書優勢!といった傾向にあります。
もちろんそれには保育士ならではな理由があるんです。
保育施設は連絡ノートやお便りなど、保護者などにあなたの手書きの文字を見てもらう機会が多いのです。
なので園長先生や人事担当は「この人はどんな字を書くんだろう?」と興味があるんですね。

なので、できることなら手書きで履歴書を作成することをおすすめします♪

まずは基本項目から!|保育士転職・履歴書

意外と分かりづらい、履歴書の基本項目。
何気なく今まで保育士転職以外でもアルバイトなどで履歴書を記入してきたと思いますが、実はこんなに注意事項があるんです!
皆さんも転職前に1度見直して、気をつけてみてくださいね。

日付 ここで間違えやすいのが「履歴書を書いた日」ではなく、「提出する日」を記入すること。郵送の場合はポストに投函する日付、面接時に直接持参する場合はその日付であることが鉄則です。
写真 基本は3カ月以内に撮影した写真を使用します。履歴書は正式書類だということを念頭に、服装はスーツでメイクは薄く、髪をまとめるなど清潔感を第一に心がけましょう。
年齢 「満○歳」となっているものは、記入時の年齢を書き込んでください。
住所 必ず都道府県から書き、マンション名なども省略せずに記入します。正しい情報を記載しましょう。
連絡先 日中連絡が取りやすい電話番号であることが大前提です。固定電話が自宅にない場合は、携帯電話のみの記載でも構いません。
メールアドレス 最近ではメールアドレスの欄がある履歴書も多いです。頻繁にチェックできるように、普段使用しているあなた個人のアドレスを書きましょう。
(引用:保育士の履歴書の書き方

学歴|保育士転職・履歴書

一般的には高校以降の入学・卒業年月を記入します。
抜け漏れがないように気をつけながら、学校名などは正式名称で書きましょう。
職歴については、入職・退職年月を記載します(「入社/退社」か「入職/退職」で統一するようにします)
最後に「現在に至る」と記載し、その次の行に「以上」と右寄せで記入すれば完了です。

(引用:保育士の転職 ~保育士さんの履歴書の書き方~)2位

職歴|保育士転職・履歴書

職歴
職歴は時系列ごとに記入します。原則すべての入社歴、退社歴を記入します。 会社名は正式名称で記入し、スペースがある場合は、会社名の横や次の行に職員の数や仕事内容など簡単に記入するのも◎!特に勤め先で大きく貢献したような内容があれば記入に簡潔に添えておきましょう。 保育士としてだけではなく一般企業での職務経験がある方はこちらも忘れず記入します。 最終行に「現在に至る」と入力後、その下の行に右寄せで「以上」と入力します。

(引用:履歴書の書き方|保育士サポート

資格|保育士転職・履歴書

資格やスコアは「取得」、検定は「合格」と書きましょう。資格欄は、基本的に取得した順番に書きますが、大事な資格(保育園に就職したい人は例えば保育士資格)は一番上に書いても良いようです。
資格などは、正式名称を間違えないようにしましょう。例えば…

* 保育士資格
「士」を忘れずに!
* 幼稚園教諭〇種免許
一種は四年制大学卒、二種は短大や専門学校ですね
* 普通自動車第一種免許
ちなみに二種はタクシーやバスなどお客さんを乗せる免許です
* TOEICスコア○○○点
(引用:【保育士の就職&転職】差がつく「履歴書」の書き方!新卒・中途採用の場合)

志望理由|保育士転職・履歴書

① 志望動機は具体的に(抽象的はNG)
抽象的な文言が多いと採用担当者は「本当に自社の取り組みを理解しているのか」「入社後、ミスマッチにならないか」と不安に感じてしまいます。そう思わせないためにも、しっかりと志望する法人・企業について研究し、魅力に感じた点や入社後に学んでいきたいこと、取り組みたいことを具体的に記入しましょう。
② 法人・企業の研究をする
理念や研修制度、法人・企業独自で行っている取り組みを調べてみましょう。 理念に共感する点や、どんなことが自分の成長に繋がると考えたか、入社してどんなことをしていきたいかなど具体的に書けると良いです。
(引用:保育士の履歴書・職務経歴書の書き方

志望理由の例文はこちらの記事に書きました!
ぜひ参考にしてください☆

(サイト内リンク)

通勤時間や扶養に関して|保育士転職・履歴書

■通勤時間
徒歩も含めたおおよその片道所要時間を記入します。一般的には1時間30分以内が通勤圏内であると見られます。なお、就職が決まったあとに転居する予定などがあれば、別記しておきましょう。
■扶養
家族手当などの待遇面で変わってきますので、現状を記入しましょう。

本人希望欄」に書くことがないから空白でOK?|保育士転職・履歴書

この「本人希望欄」ですが、「何を書けばいいの?」「特に何もないから空白でいいよね?」という方が多く見られます。
本来ここに書く内容は、
・応募求人に勤務地が複数ある場合、希望する地方。
・いくつかの職種で募集している場合、希望の職種。など、どうしても譲れない条件を記載します。
もし特記するべき希望が無い場合でも、空白ではなく「貴園(施設)の規定に従います。」と書くようにしましょう。
(引用:保育士さん専用! 保育士さんの履歴書 ー完全マニュアルー

保育士転職の際の履歴書の書き方についてご紹介しました!

いかがでしたでしょうか?
今回は保育士転職の際に絶対必要な履歴書の書き方について、参考になるサイトをご紹介しました。
もしお時間に余裕のある方は、各サイトもそれぞれ覗いてみてくださいね。

それでは、皆さんの保育士転職がうまくいくことを願っております。

以下は合わせて読みたい、保育士転職・履歴書作成の際のお役立ちサイトです♪
ぜひこちらも一緒に参考にしてみてくださいね。

【見本あり】 保育士さんの履歴書&志望動機の書き方~転職・中途採用向け~
【保育士のお仕事】履歴書の書き方・準備講座
保育士の履歴書・封筒・職務経歴書の書き方の極意を伝授!転職もバッチリOK!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です